? 株式会社 旭川ビニール ごあいさつ

kyokubi_mark Asahikawa Vinyl Co.,Ltd. 株式会社 旭川ビニール

あなたのアドバイザーとしてお役に立ちたい。


ごあいさつ

弊社は1964年(昭和39年)に設立され、今年で57年目に入った農業資材の卸売りをしている会社です。北見出張所は今年で51年目になります。

お客様(主に農家様)のご要望に応じて、ビニールハウスを建てたり、その中で使用する暖房器を調達したりすることで始まりましたが、1985年(昭和60年)頃から(有機系)肥料の提供、更に連作障害でお悩みの方や新規就農で肥料の使い方がまだよくわからない方のために施肥設計を行ったりもしています(昨年は、30件の農家様に171ハウスの施肥設計をしました)。

昨年令和2年はコロナ禍となり大変ではありましたが、弊社では、人との接触は“ 1m以上15分以内”を守り、社員に熱発者がいれば社内に「コロナシフト(空間的・時間的に2週間、他の社員と接しない)」を敷き、農家様を支え続けてきました。昨年の総売上げは、過去5年間で最高となりそうです。

また、ポリ袋等も病院様に納めさていただいておりますが、昨年秋に、ポリ袋を搬入した階で病院スタッフがコロナを発症してしまい、搬入した女子社員もPCR検査の対象となってしまいました。夜に病院からPCR検査「陰性」の連絡が来て、女子社員に電話で伝えたところ、「ありがとうございます!これで、また明日から安心して働けます!」という彼女の言葉に胸が熱くなりました。

一方、私が嘱託の産業医をしている農業生産法人では、三つ葉の出荷のために昨年12月に1日約400人のパートタイマーが2週間の期間集まりましたが、万全のコロナ対策で従業員のコロナ発生を防ぎました。

アメリカ、イギリス、EUでコロナ・ワクチンの接種が始まり、日本では全員に接種されるのは今年の秋頃でしょうか(「第39回 旭ビ教養講座」)。

弊社スタッフはワクチンを打つまでは、引き続き“コロナから逃げ回りながら”農家様を回り、病院様等に商品を納めさせていただければと思っています。

また、コロナ・ウイルスは「高温、多湿、直射日光」に弱いとされていますので、今年の夏には2年に1度の「ガレージセール」を予定通り行うつもりです。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

令和3年1月1日
 代表取締役社長/日本医師会産業医 大谷泰一